2015年7月26日日曜日

Q:水洗トイレはいつできたの? トイレの歴史(2)


さて、前回トイレの歴史について書きましたが、今回はその続きを書いてみたいと思います。皆さんは水洗トイレがいつできたか知っていますか?前回ミノア文明のクノッソス宮殿の女王のバスルームに水で洗すトイレがあったお話をしましたが、もっと近代的な水洗トイレはなんと16世紀に考案されたのです。

考案したのはイギリス人のJohn Harington(1561-1612)。彼はエリザベス1世の名付け子で詩人でした。しかしイタリアルネッサンスの詩人アリオストの「狂乱のオルランド」からの性的にきわどい話を英語に翻訳した物を宮廷の女性達に配っていたのが女王の逆鱗にふれ、1584年に追放されてしまいます。イギリス西部バースの近くに彼は自分で家を建て、そこに自分でデザインした水洗トイレを設置しました。8年後に彼を許した女王はその家を訪ねます。ハリントン卿はトイレを誇らしげに見せ、女王も実際に試した様です。そして女王の為に、リッチモンド宮殿にも新しい水洗トイレを設置します。ハリントン卿はこのトイレの事を「Ajax(アジェイクス)」と名付けます。これは1530年頃から、汲取式のトイレのことを「Jakes」と婉曲的に呼びましたが、それをもじったものです。ちなみにアイルランドではトイレの事を「Jacks」、アメリカでは「John」と呼ぶ事があるそうですが、それも「Jakes」に由来しているそうです

                         出典:John Harington, 'A New Discourse of a Stale Subject, called Metamorphosis of Ajax' 1596
A New Discourse of a Stale Subject, called the Metamorphosis of Ajax', 1596 - See more at: http://www.historytoday.com/richard-cavendish/death-sir-john-harington#sthash.EsR40kJq.dpuf
A New Discourse of a Stale Subject, called the Metamorphosis of Ajax', 1596 - See more at: http://www.historytoday.com/richard-cavendish/death-sir-john-harington#sthash.EsR40kJq.dpuf

ハリントン卿が最も心配していたのは匂いでした。汚水槽の匂いがひどく、当時は臭気が病気の原因になると考えられていたので、なんとかしたいと思ったのでしょう。女王の鬱でさえ匂いが原因だと考えられていました。

Ajaxは洗浄水タンクがあり、タンクの上にあるハンドルを引張りバルブを開くと水が下の便器にながれ、もう一つあるバルブをひっぱると汚水溜めに流れ落ちる仕組みになっていました。節水の為、ハンドルには鍵がついており、鍵をもった人でないと水を流せないようになっていました。「20人使おうと、1日に一度流せばいいだけ」とうたっていましたが、そうでなくても汚水溜めの匂いはかなり臭かった様です。

結局匂いを止める為に作られたものの、やはり臭いこと。そして、トイレが自分の所に来るのに慣れていた貴族達にしてみれば、自分がトイレに行かねばならないこと。そして、後の始末は自分達でやらなくていい上流階級の人にとっては、別に水で流れようと、そうでなかろうと、あまり関係なかったこと。この三点が理由で広まりませんでした。また、ハリントン卿が自分の発明について本を書いたのですが、冗談まじりのその内容が人々に受け入れられなかったようで、ハリントン卿を冗談の種にし、その発明を無視したという説もあります

おまる(chamber pot)のいいところはいつでもどこでもできること。人前だろうとボリュームのあるスカートのお陰でレディ達は人知れず立ったまますることができたのです。

                                                              出典:Victoria and Albert Museum

 では事の始末は誰がどうしていたのでしょう。もちろん上流階級のお屋敷では召使いが処理していましたが、一般家庭でもおまるの中身は汚物溜に捨てられ、それを集める業者がいました。でもそれにはお金がかかったので、ほとんどの人は窓から外に捨てたり、川にそのまま捨てました。イギリス議会議員Samuel Pepys(1633-1703)の日記によると、17世紀の汲取式トイレの汚水槽は地下にあり、バケツで家の中を通ってくみ出さなければいけなかったそうです

アン女王の夫であるデンマーク=ノルウェー人のプリンスジョージ1653-1708)は大理石のシートのついた水洗トイレを持っていたそうですし、1690年代にデヴォンシャー公爵邸Chatsworth Houseに少なくとも10個のwater closet (WC)とよばれる個室トイレが作られました。西洋スギと大理石でできた便器に、器具は真鍮でできていました。でも水洗トイレが広まるにはハリントン卿の発明から200年程待たなければなりませんでした。

                                                   出典:Bakewell, Derbyshire

1775年に、時計屋のAlexander Cummings (1731/2 – 1814)がハリントン卿の発明を改良し、U字管のついたトイレを作り、特許をとりました。U字管のお陰でトイレの匂いがなくなりました。

                                                       出典:Chest of Books.com
                           
 1778年にはJoseph Bramahが貯水タンクのデザインで特許をとります。若い時に事故にあい、家業の農業をつげなくなったBramahCummingデザインのトイレのとりつけの仕事をしていました。そこでタンクの水の排水口が冬になると凍ってしまう事に気がつき、丁番つきのフラップに換えました。彼は興行的手腕に長けており、10年のうちに全国的に6千ものwater closetを設置しました。ヴィクトリア女王もワイト島のOsborne Houseに設置させました。


                       出典:History of Science 2009

水洗トイレは人気になりましたが、流す音があまりに大きかったので、排泄したことを知られない為に、最初はおまるの中身を捨てる為に使われました。特にレディが夜寝室を出てトイレにいくのは恥ずかしい、又ははしたないと思われていたようで、相変わらず寝室のおまるで済ませていました。もちろんトイレを設置できる人は限られていましたから、ほとんどの人はおまるを使っていましたし、いなかでは裏庭にある肥やし用の穴の上に木製のシートを置いただけのearth closetが使われていました。

1851年のロンドン万国博覧会には水洗トイレが設置され600万人の入場者のうち14%にあたる84万人程がこのトイレを使いました。この頃には水洗トイレがある家はまだ限られていたので、多くの人が初めて水洗トイレを経験したことになります。この時の使用料が1ペニーだったので、イギリス人は今だにトイレに行く事を「spend a penny」と湾曲的に表現します。この万国博覧会のお陰で水洗トイレは一般に広まり、皇室御用達になったThomas Crapperを始め、多くの人がトイレ業界に参入し、様々なトイレのデザインが市場に溢れる様になります。

©モリスの城
©モリスの城
©モリスの城
1852年にはロンドンに初めて女性専用の公衆便所ができました。男性と違いレディはその辺でできないので、それまで動きが限られていましたが、これで比較的自由に外に出られる様になったのです。でも、レディがトイレに入っていく所をみられるのは恥ずかしい、また、用を済ませるのに2ペンス、手を洗うのに2ペンス払わなければならなかったので高価であったことが理由で広まりませんでした

1848年になると各家のトイレは下水管につなげなければいけないという条例ができました。ただ、それまでは雨水だけのものだったところに、大量の排泄物が流れる様になったので、対応しきれず、大雨の日には溢れてしまいました。以前にも書きましたが、1858年の夏は猛暑で、汚水が垂れ流しになっていたテムズ川の匂いがあまりにひどくなり、議会の業務に支障をきたたので、議会は閉鎖されなければいけませんでした。そこで土木技士のJoseph Bazalgetteが地下下水道を作りました。この下水道のお陰で家々に水洗式のトイレとバスルームができるようになったのです。

1840年代までに汚水が病気の原因であると認識はされましたが、汚れた空気が原因だと思っている人はその後もまだ多くおり、看護婦のナイチンゲールでさえ1869年の出版物の中で、家のパイプを下水管につなげると汚水の匂いが上がって来て、猩紅熱やはしかの原因になるので気をつける様書いています。

さて、中流家庭が自分の家にWater ClosetWC)やバスルームを作っている一方、貧しい人達は屋外にある共同トイレを使わなければなりませんでした。1870年代に作られた「back to back」と呼ばれる労働者用住宅では、中庭の一部に、下水道につながっている共同の水洗トイレがありました。11軒、60人が4つのトイレをシェアしていました。きっとほとんどの人はおまるですませていたのでしょうね。

さて、今回は水洗トイレの歴史について書いてみました。私は水洗トイレは20世紀にできたものだとおもっていたのでびっくりしました。次回もまたトイレに関して書いてみたいと思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿